不動産を所有するとき、活用するとき、生活の中で考えておくこと

売却して収入にする

不動産は大事な資産になりますが、使用しないままでいると高い税金を支払う必要があるなどと負担になってしまう場合があります。親から相続した不動産を持て余しているのであれば、不動売却を行なうようにしましょう。

» readmore

毎月の賃料の根拠

賃貸物件を比較検討するときに、人気のポイントや家賃の算定基準について知っているかどうか、それは自分の希望と家賃をすりあわせるために欠かせないことです。どうなると高い部屋になるのか、イメージするための重要な情報です。

» readmore

次の世代への負担

今までと違った空間に仕上げておきませんか。宝塚は新築一戸建てが人気です。沢山の人から人気を集めている物件が紹介されていますよ。

相続税は生きてるうちには払えない

日本では毎年90万人前後の人がなくなっています。人が亡くなった時に相続が始まります。その時に亡くなった人の資産を受け継ぐのか受け継がないのか決めるのですが、その資産の金額が大きいとその資産に対して相続税がかかってきます。この税金にはいろいろな控除がありほとんどの人が相続税の課税対象にはなりません。相続税の課税対象になるのは上で亡くなった人の5%程度です。つまり相当な資産家ではない限り相続税を支払う必要がありません。この税金は生前には支払う必要がなく、亡くなった人から相続された相続人が支払う税金です。資産家のだれもが負わされる宿命的な負債といっても過言ではありません。また不動産にも課税される税金なので、広大な不動産を譲り受けた人や評価額の高い不動産を受け継いだ人にとってはこの税金の納税が大変負担になっています。

バブル時代とデフレ時代

日本は一時期、もっている不動産の価格が右肩上がりに上昇し、買った金額の数倍から数十倍の金額で売れる時代がありました。これをいわゆるバブルの時代といいます。この時代の相続税は金額が大きくなる分、不動産の価格も大きいため納税には、さほど苦労をするという時代ではありませんでした。昨今デフレの影響や社会情勢により不動産価格は下がり、ほとんどの不動産は買った金額より大幅に下落しています。このようなときに不動産を譲り受けた人はその納税に苦労をしています。昔は三代相続があるとその家はつぶれてしまうといわれていたものですが、現代では一回の相続で家がつぶれてしまうことも珍しくない時代になっています。親が亡くなり不動産を受け継ぐときに、その不動産がいくらの価値がありその評価額はいくらなのかよく調査をして受け継ぐのが正確な判断です。

ピックアップ

デザインにこだわる

家を建てるときにはデザインにもこだわりたいという人は多くいますが、その場合であれば注文住宅で家を建てると自分好みの家をつくることが可能です。注文住宅の場合依頼する業者や施工によて費用が変わります。

» readmore

↑ PAGE TOP